概要

AWSがリソースモニタリング。詳細モニタリングを有効にすると1分ごと。詳細モニタリングが有効ではない場合は5分に伸びるだけ。EC2の場合外側から見た値が取得できるが、空きメモリの情報は内部からカスタムメトリックで送信する必要がある。

CloudWatch Logs エージェントを入れるとより詳細なデータが取得可能。

aws cliでログを見る

aws logs get-log-events --log-group-name LOG_GROUP --log-stream-name LOG_STREAM --query "events[].[message]" --output text

概念

メトリックCPU使用率などの指標と時間の組み合わせ、カスタマイズ可能
Namespacesメトリックを束ねるもの。一般的な概念と一緒
Demensionsメトリックの中のKEY=VALUEペア。

主なメトリック

AWS/EC2 CPUUtilizationCPU使用率

メトリックを自分で作成

aws-mon-linux

https://github.com/moomindani/aws-mon-linux

上記ツールを使うのが楽。

インストールと設定

git clone https://github.com/moomindani/aws-mon-linux
aws configure

使い方

便利なオプションとしては--verboseを付けると画面に表示する。--verifyだと実際に送信はしない。

メモリ使用量、5分平均のロードアベレージ、ディスクスペースなど./aws-mon.sh --mem-util --mem-used --mem-avail --load-ave5 --disk-space-util --disk-path / --disk-space-avail

http://codezine.jp/article/detail/8100

aws cloudwatch put-metric-data --metric-name httpd-busyworkers --namespace "EC2:HTTPD" --dimensions "InstanceId=xxx" --unit "Count" --value 7

Counter: 2131, today: 1, yesterday: 3

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53