Solarisとは?

入手方法

メディアキット

Solarisはメディアキットで手に入れます。 いくらか金がかかりますが、某MSのOSよりははるかに安いし、 いろいろおまけが付いてきて(Oracle8.1.7の開発者バージョンとか)、ぜひとも手に入れるべきでしょう。最近では雑誌の付録についていることもあります。

ダウンロード

高速回線を使っているならisoファイルをダウンロードするのがよいだろう。

インストール

対応ハードウェア

私がSolaris8で確認したところでは SiS630は全然だめでした。カーネルパニックのようです。 Linuxだったら全然問題ないのに・・・

Solaris8

  1. 空きスペースを作成しておく(swapファイルシステムにしないこと)
  2. FDから立ち上げてSoftware1/2をCD-ROMに入れておく
  3. インストールメディアを選ぶ画面でCD-ROMを選択
  4. Japanese,EUC-JPを選択
  5. ConfigureDiveceの画面ではキーボードの設定をしておく
  6. rootパスワードの設定でSpaceSaverキーボードではまりあり
  7. ネームサーバーはDNSを選択する
  8. patchを当てる

Solaris9

  1. Software1/2よりスタート
  2. SolarisIntaractiveを選ぶ
  3. CoreSystemだとGUIなしなので、時間がかかるがEntire Solaris Software Groupを選択
  4. ネットワークの設定はデフォルトゲートウェイやDNSサーバーもインストール時に設定可能になった。
  5. なんとようやくsshがデフォルトで入るように!

Solaris10

インストール後の設定

RealTek8139を利用可能にする

FDマウント
volrmmount -i floppy0
内容確認
ls /floppy/floppy0
./Install
sys-unconfig

Solaris9になっても非対応!Solaris8のときはわざわざIntelのNICを買ってきたが、RealTekにいけばドライバーがある。以下その手順

PATHの変更

vi /etc/default/su
SUPATH=/usr/sbin:/usr/bin
:wq!

NetWork設定(リブート必須)

vi /etc/defaultrouter
192.168.1.1
:wq
vi /etc/nsswitch.conf
hosts files dns
:wq
reboot!!

Solaris10でGUI

Xsunを選択するとビデオカードやモニタや解像度を選択する画面になる。

パッケージインストール

ここでたいていは揃う

最初にwgetを入れると楽
FTPでおく場合は/var/tmpにおく

emacs

-d libgcc-3.3-sol8-intel-local
-d jpeg-6b-sol8-intel-local
-d libpng-1.2.5-sol8-intel-local
-d libungif-4.1.0-sol8-intel-local
-d tiff-3.6.1-sol8-intel-local
-d zlib-1.2.1-sol8-intel-local
-d xaw3d-1.5-sol8-intel-local
-d xpm-3.4k-sol8-intel-local
-d emacs-21.1-sol8-intel-local

sshd

-d gcc-3.3.2-sol8-intel-local
-d openssl-0.9.7d-sol8-intel-local
-d openssh-3.8.1p1-sol8-intel-local 
ssh-keygen -q -t rsa1 -f /usr/local/etc/ssh_host_key -C '' -N ''
ssh-keygen -q -t rsa -f /usr/local/etc/ssh_host_rsa_key -C '' -N ''
ssh-keygen -q -t dsa -f /usr/local/etc/ssh_host_dsa_key -C '' -N ''
mkdir -p /var/empty
/usr/local/sbin/sshd

インストール

OpenSSLインストール

  1. /dev/randomの準備 patchadd ./112439-01
いろんなソフトのインストール

マルチブートのなぞ

インストール奮戦記

(pen3にて) Solaris NT 2000は途中で止まる。 Solarisパーティションをアクティブにしたらうまくいった。

その後 debian redhat8 は大丈夫!

(athlon) NTはなし! Solaris 2000は警告が出たがOK 後からNTを入れてみたが失敗!!

(athlon) 第二ラウンド 最初NT(約10分で終了!) Solaris8(遅い・・・1時間以上) 2000の時にSolarisパーティションをアクティブにしてみたら なぜか最初のリブート後MBRでエラー SystemSelector3再インストール 今度はNTパーティションアクティブでインストール 正常終了!

PKGインストール

スギのページに従いインストール emacsの前に perl

リンク集

コマンド集

シャットダウン

shutdown -y -g0 -i5
Counter: 14377, today: 2, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:53