• 有名なバグトラッキングシステム。インストールが一筋縄ではいかない!

4.0インストール

依存CPANモジュールが多い。まずは依存モジュールのインストール状況をチェック

依存モジュールチェックとインストール

  • 解凍したディレクトリにて、チェックスクリプトを実行
./checksetup.pl --check-modules

最低限必要なモジュール

CGI (3.51)
Date::Format (2.21)
DateTime (0.28)
DateTime::TimeZone (0.71)
DBI (1.41)
DBD::mysql (4.00) if using MySQL
DBD::Pg (1.45) if using PostgreSQL
DBD::Oracle (1.19) if using Oracle
Digest::SHA (any)
Email::Send (2.00)
Email::MIME (1.904)
Template (2.22)
URI (any) 
  • 以下のyumコマンドで入れた(CentOS5.4)
yum install perl-DateTime-Format-DateParse.noarch
yum perl-WWW-Bugzilla.noarch
yum install perl-WWW-Bugzilla.noarch
yum install perl-Email-Address.noarch
yum install perl-HTML-Template.noarch
yum install perl-DBD-Pg.i386
yum search Math | grep perl
yum install perl-Math-Random.i386
yum search Math | grep perl
yum install perl-Math-Random-Cauchy.noarch perl-Math-Random-MT-Auto.i386
  • すべてのモジュールをインストール

インストール

必要なもの

  1. MySQL(DBIも含む。バイナリパッケージから入れるべし)

全てのOSでの共通作業

実行パス(/usr/bonsaitools/bin)の対応

  • 現行英語最新バージョン(2.18)では一般的なものに直されたようだ。日本語はまだ
perlのパスがおかしいのでシンボリックリンクで対処
mkdir -p /usr/bonsaitools/bin
ln -s /usr/bin/perl /usr/bonsaitools/bin/perl
もしくは美しく一括書き換え
perl -pi -e 's@#\!/usr/bonsaitools/bin/perl@#\!/usr/bin/perl@' *cgi *pl Bug.pm processmail syncshadowdb

必須perlモジュールチェック

MySQLを入れ終わってから
perl checksetup.pl
今までのインストール経験からだいたい以下の3つが不足している。
perl -MCPAN -e 'install "AppConfig"'
perl -MCPAN -e 'install "Date::Parse"'
perl -MCPAN -e 'install "Template"'
Templateモジュールのインストール時の最初の
Do you want to run the DBI tests? の質問にはn!

DB事前作成(ほぼ全てのRedHatで必須作業)

RedHatではスクリプトによる自動DB作成が効かないので事前に手動DB作成
# mysql -u root
mysql> create database bugs;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO bugs@localhost

Apacheの設定

  • ディレクトリの所有権はapacheの実行ユーザーにする
cgi-binだとgifが表示されないので普通のディレクトリでcgiを実行させることにする。
<Directory "*bugzillaをインストールしたディレクトリ*">
      Options ExecCGI
      AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

CentOS

  • MySQLはyumで入れるとDBIもはいる。
  • PerlModule3つインストール
  • DB事前作成必須。

Install On RedHat9

  • MySQLはRPMで入れる。
  • PerlModule3つインストール
  • DB事前作成必須。

MySQL

ftp.redhat.com
/pub/redhat/linux/9/en/os/i386/RedHat/RPMS
libdbi-0.6.5-5.i386.rpm
libdbi-dbd-mysql-0.6.5-5.i386.rpm
mysql-3.23.54a-11.i386.rpm
mysql-devel-3.23.54a-11.i386.rpm
mysql-server-3.23.54a-11.i386.rpm
perl-CGI-2.81-88.i386.rpm
perl-DBD-MySQL-2.1021-3.i386.rpm

Install On RedHatES3

RedHatインストール

パッケージの構成はカスタムWebサーバー、MySQLデータベース、開発ツールを選択

MySQL

SRPMからRPMを作成

ftp.redhat.com
/pub/redhat/linux/updates/enterprise/3ES/en/os/SRPMS
mysql-3.23.58-2.3.src.rpm
コンパイル・インストール・起動
# rpmbuild --rebuild mysql-3.23.58-2.3.src.rpm
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386
# rpm -Uvh mysql-*
# /etc/init.d/mysqld start
RedHatではスクリプトによる自動DB作成が効かないので事前に手動DB作成
# mysql -u root
mysql> create database bugs;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO bugs@localhost

PerlModule

上記の手順どおりであれば以下の3つのモジュールが不足しているはず
perl -MCPAN -e 'install "AppConfig"'
perl -MCPAN -e 'install "Date::Parse"'
perl -MCPAN -e 'install "Template"'
Templateモジュールのインストール時の最初の
Do you want to run the DBI tests? の質問にはn!

Bugzilla

bugzillaを解凍したディレクトリでcheckconfig.plを二回実行する
# ./checksetup.pl
localconfigというファイルが作成される。エラーが出た場合はモジュール不足
# ./checksetup.pl
管理者情報入力を促される。エラーが出た場合はMySQLに問題あり

webのcgi実行ディレクトリにコピーして、ディレクトリ所有者をapacheの実行ユーザーに変えておく
# cp -r bugzilla /usr/local/apache2/cgi-bin/
# chown -R nobody:nobody bugzilla/

ついでに英語版インストール

並存も可能!ただし日本語は期待しないこと!

buzgillaパラメータ編集

template/ja/default/global/footer.html.tmplを編集すること!
urlbaseをかえるぐらいか?

インストール

まずは依存するパッケージを入れる。

perl -MCPAN -e 'install "Bundle::Bugzilla"'
mysql以外のモジュールはそろった。
mysql入れてないからだめだったんだろうけど
RedHatES3ではMySQLバイナリがない!!
それ以外のPerlモジュールはCPANでインストール可能
DBD:mysqlがコンパイルエラーになるので、
考える

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57