特徴

  • Oracle用ディストリビューション
  • V2.1Update3は9も10gもOKらしい

Install

V2.1Update3

  • OTNのダウンロードサイトよりisoイメージ取得。一枚に収まる。インストール時間は10分と劇速!!
  • i815マザーは何も問題なし
  • TerminatorK7は一ひねり必要
  • KT133+RivaTNTはOK
  • celeron(PLE133)はXwindowがNG
  • nforce2もXwindowがNG

V3のインストール実績

  • oracle9.2.0.4とパッチが必要なので10g専用と割り切って9はあきらめるべし。
  • KT133+RivaTNT2はグラフィカルインストールハング、テキストはOKでXwindowもOK
  • PLE133TはグラフィカルインストールOK
  • SiS630ノートはテキストインストールでXもOK
  • IBMR40eでもインストール成功!

その後の設定

  • まずはリモートからrootログイン可能にする。
    # vi /etc/ssh/sshd_config
    PermitRootLogin no ← yesに変更
    # /etc/init.d/sshd restart
  • oracleユーザーでxを起動できるようにする
    # vi /etc/pam.d/xserver
    auth       required     /lib/security/pam_console.so
    pam_permit.soに変更する
  • だれでもsu出来るようにする。下記の行をコメントアウト!
    vi /etc/pam.d/su
    #auth       required     /lib/security/pam_wheel.so use_uid

oracleインストール

9.2

groupadd -g 501 oinstall
groupadd -g 502 dba
useradd -u 300 -g 501 -G 502 -d /home/oracle -s /bin/bash -m oracle
useradd -u 301 -g 502 -d /home/ora920 -s /bin/bash -m ora920
passwd oracle
passwd ora920
oracle,ora920の
.bash_profileの編集をしないでインストールしてはいけない
パスがむちゃくちゃになってしまう。
以下を追記する。
#for ORACLE
export ORACLE_OWNER=oracle
export ORACLE_BASE=/opt/oracle/app/oracle
export ORACLE_HOME=$ORACLE_BASE/product/9.2.0
# export ORACLE_DOC=$ORACLE_BASE/doc/8.1.7
# export ORACLE_TERM=vt100
# export TNS_ADMIN=$ORACLE_HOME/network/admin
export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC
#export NLS_DATE_FORMAT='MM-DD-YYYY HH24:MI:SS'
# add search path
export PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$LD_LIBRARY_PATH
# Oracle SID
export ORACLE_SID=DBM
/optに書き込み権限 777
(どーすればいいのか詳細不明なので・・・)
chown oracle:oinstall opt/
(これでOKでした。)
あらかじめrootでCDをマウントしておく
mount /dev/cdrom
su - oracle
startx
コンソールから
./runInstaller.sh
インストール後の設定は標準構成の実行はせずにリスナーの設定をする。

10g

  • 以下のコマンドを実行する。CDはドライブにセットしておくこと!
    groupadd -g 501 oinstall
    groupadd -g 502 dba
    useradd -u 300 -g 501 -G 502 -d /home/oracle -s /bin/bash -m oracle
    mkdir -p /opt/app/oracle
    chown oracle:oinstall /opt/app/oracle/
    chmod 775 /opt/app/oracle/
    mount /dev/cdrom
  • oracleユーザーになりXを起動する。Xの起動に失敗する場合はインストール後の設定が抜けている!
    su - oracle
    echo "export ORACLE_BASE=/opt/app/oracle" >> ~/.bash_profile
    echo "export ORACLE_SID=o101" >> ~/.bash_profile
    source ~/.bash_profile
    startx
    

DB作成

K7だと途中で失敗したことがある。
確実に成功したケースはVGA8Mで16ビットカラーに設定して作成した場合。 
メモリが多いと速いのだろうか?30−120ぐらいと作成時間に幅あり

DB起動(DBMagazineのとおりにやった場合)

マシン起動直後はDBうごいてない
sqlplus /nolog
connect sys/takeru as sysdba
startup
exit
次はリスナーの起動
lsnrctl start
sqlplus system/takeru@DBM
で成功すればOK

それ以外の環境設定

emacs
ソースインストールする。
./configure
make install
nmap
www.insecure.orgよりRPM取得
Counter: 8843, today: 1, yesterday: 2

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 15:33:57