Ethna

日本で開発されているフレームワーク。GREEで使われているので実績もある。なによりインストールや実践的な利用方法などの日本語ドキュメントがありがたい。

インストール

pear channel-discover pear.ethna.jp
pear install ethna/ethna

Symfony

まだ1.0が出たばかり

インストール

pear channel-discover pear.symfony-project.com
pear install symfony/symfony-beta
PRJ_NAMEプロジェクト名
APP_NAMEアプリ名プロジェクト内でいくつか分ける場合につける(管理者向けユーザー向けetc)
MODULE_NAMEアプリの下に属する。最低ひとつは必要なのだが分け方の基準が不明
mkdir PRJ_NAME
cd PRJ_NAME
symfony init-project PRJ_NAME
symfony init-app APP_NAME
symfony init-module APP_NAME MODULE_NAME

httpd.confを設定

しないと画像がうまく表示されない

環境情報

symfonyインストールディレクトリ/var/www/html/symfory
PEARインストールディレクトリ/usr/share/php5-pear
Alias /symfony/sf "/usr/share/php5-pear/data/symfony/web/sf"
Alias /symfony    "/var/www/html/symfony/web"

動作確認

デバッグモードも備えられている。下がデバッグモード

http://192.168.22.131/symfony/index.php
http://192.168.22.131/symfony/frontend_dev.php

モジュールの追加

Project→App→moduleの階層構造ができているらしい。というわけでモジュールを追加してみる。

symfony init-module アプリ名 モジュール名
http://192.168.22.131/symfony/index.php/mymodule

このままではデフォルトモジュールに転送されるだけなので独自の出力は一切できない。というわけで変更

DB

  pdocon:
    class:          sfPDODatabase
    param:
      dsn:          mysql:host=localhost;dbname=codezine
      phptype:      mysql
      database:     codezine
      username:     root
      password:
#for Postgres PDO connection
  pdocon:
    class:          sfPDODatabase
    param:
      dsn:          pgsql:host=localhost;dbname=homedb
      phptype:      pgsql
      username:     ユーザー名
      password:     パスワード
$con = $this->getContext()->getDatabaseConnection('pdocon');

テンプレートの切り替え

actionの戻り値によりテンプレートを切り替えることができる。省略した場合は「アクション名Success.php」が呼ばれる。単なる名前との一致でファイルを探してきているだけ。VIEWが存在しないActionは以下のようにすればよい。

return sfView::NONE;

Smartyの組み込み

Mojavi

開発中止になってもうた。もはやこれから選択する余地はないが、後のフレームワークの土台にもなっていたりする。JavaのStruts利用経験があるならすんなり入れそう。

Counter: 9352, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 13:16:52